人力引越社(キョウトプラス)アルバイト・社員求人情報S.Tさん

S.Tさん S.Tさん
幅広い年代の方が働ける職場環境、 先輩社員の思いを継いで
会社に貢献していきたいです。

父親に憧れてトラックを運転できる仕事を探していました

人力引越社に来る前は、6年間営業の仕事をしていました。現在は引越し用のトラックを運転しながら、現場の作業にもあたっています。営業の仕事は嫌いではなかったのですが、父親がトラックの運転手をしていたので、それに憧れていつかはトラックを運転してみたいと思っていました。それに、体を動かすことが昔から好きだったので、引越し業界なら一石二鳥かなと思って営業の仕事とは異業種でしたが転職を決めました。人力引越社に決めた理由は、面接をしていただいた方がものすごく元気が良い方で、ここなら気持ちよく仕事ができるのではないかと思ったことがきっかけです。その当時のことを思って、私自身も常に元気いっぱい仕事に取り組むことを意識しています。お客様のお荷物をどのように梱包し、どのような経路や順番で運び出すかということに楽しさを感じて仕事をしていますが、何よりも明るく元気に仕事をすることによって、お客様にも好印象を持っていただけると信じています。後輩や同僚にもそういった姿勢が自然と広まってくれたら嬉しいですね。

教育面での苦労もありますが、
お客様からの感謝のお言葉が何よりも嬉しいです

現場の作業員はアルバイトも含めたら50〜60人ぐらいいると思います。現場作業にあたる際は、私のようなドライバーが現場責任者となってアルバイトの方や助手の方と一緒に訪問するようになっています。私は、班長という立場で従業員の方5〜6人の管理をしていて、新人教育なども任されています。班長になるには、会社で決めたルールや規律をしっかり守れているかや、業務態度などが影響してくるのですが、班長の指名をうけた時はうれしかったです。教育面では苦労をすることもありました。例えば、あってはいけないことですが、助手の作業員がお客様の前で転んで大切なお荷物を落としてしまった時。誠心誠意謝罪をするとともに、落としてしまった作業員にもどうしてそのような状況になってしまったか、振り返りのミーティングをします。 必ず原因があるもので、楽をする為に会社が決めたルールや規律を守れていなかったり気持ちが緩んでいたりする時にミスが起こりやすいです。同じミスを繰り返さないように、朝礼の時に気持ちの緩みがないか確認をし、作業が終了した時にも課題や改善点の確認をするようにしています。そのおかげもあってか、ほとんどミスもなくなり、お客様から「ありがとう」と言って頂ける機会が増えました。人材育成は、自分が誠心誠意作業や新人スタッフと向き合った時に教えた方々の成長が見られるので、これからも率先してやっていきたいと思っています。

目標や将来をしっかり考えているからこそ、今頑張れています

先輩社員の方から、人力引越社が出来た当時は「引越し料金が安いのに大手引越し会社に負けないサービスと品質だ」という評判が一気に広まったと聞いています。リピーターのお客様が多いのは、その当時の社員の方達の教えや気持ちがしっかりと今働いているみんなに伝達できているからだと思います。働いているみんなの雰囲気が良いのもそういったところから来ていると思います。10代〜60代の方まで幅広い年代の方がいますが、皆さんやる気と元気があって楽しい職場環境だと思います。先輩社員は仕事が早くて丁寧ですし、仕事外で楽しい会話をする時も盛り上げてくれてメリハリのある方達ばかりです。私もそういった先輩社員を見習って会社に貢献をしたいですし、ここまで育ててくれたことに対して恩返しをしたいと思っています。 私個人の目標としては、現場仕事以外の事務的な仕事も覚えて、現場作業員の方達に信頼をしてもらえるサポートをしていきたいと考えています。社員数が増えるにつれて、私ができる仕事の範囲も広がってくると思います。色々な面で貢献したいですし、先の目標があるからこそ、今の仕事に集中できてモチベーションを高く保てていると感じています。
インタビューをもっと見る
PageTopへ