人力引越社(キョウトプラス)アルバイト・社員求人情報T.Sさん

T.Sさん T.Sさん
引越しと言えば体育会系の上下関係の 厳しいイメージがあるかもしれませんが、
おおらかで優しい方が多く、とても働き
やすい職場です。

先輩に教えていただいたことをノートにまとめ、
それを現場で実行して仕事を覚えました

前職は営業の仕事をしていましたが、副業で日雇いの派遣会社にも登録をしていました。 偶然、その派遣会社から人力引越社に1日アルバイトとして派遣されたことがありました。 その時に、引越しの会社で働いてみたいと思ったことがきっかけで今にいたります。
一緒に現場作業員として働いた人力引越社の社員さんに、「この会社に入らないか?」とお声がけいただき、驚きもありましたが躊躇なくお願いしたことを鮮明に覚えています。 その日の夕方には上司の方に直接お話をつないでいただき、「是非働いて欲しい」と言っていただいたのですぐに入社が決まったという感じです。 お話をつないでいただいた社員の方とは支店が違うので、入社後会えていないのですが機会があったら改めて直接お礼をお伝えしたいと思っています。 引越しの仕事に関しては、大学生の頃にもアルバイトとしてやっていたことがあります。 幼い頃から体を動かすことが好きだったので、経験したアルバイトは全て体を使う仕事ばかりでした。 引越しの仕事については、疲れるとかしんどいとか思ったことはなく、むしろ体を鍛えていると考えているので楽しく働けています。 まだ業界経験は短いですが、先輩社員の方がどのように仕事をされているかを観察し、忘れないようにその日のうちにノートに書いています。 また、疑問に思ったこともすぐ聞くようにしていますし、面倒くさがらずに優しく教えて下さる方ばかりなので、会話も増えて仲良くさせていただいています。 身につけたことや、教えていただいたことをもっと自分のものにし、早く一人前の作業員になりたいと思っています。

協力し、仕事を終わらせた時の達成感と
お客様からの感謝のお言葉にやり甲斐を感じます

引越しの現場には、通常の単身引越しで2〜3人の作業員で作業にあたります。ファミリーさんの引越しになると人数が変わってきますが、今は単身引越しの方がメインなので少ない人数で多くの件数をまわれています。単身引越しの方はアパートからアパートへのお引越しが多く、エレベーターがない物件ではお荷物を運ぶのにコツがいります。重いお荷物を階段で4階などに運ぶには、力というより持ち方やバランスのとり方が重要になってきます。 最初のうちは不慣れで先輩社員に手伝っていただいたり、見本を見せていただいたりしていましたが今では一人で重たい荷物を運べるようになりました。女性作業員の方でもそのコツを知っていれば、簡単に運ぶことができます。私達が階段で重たい荷物を運んでいる姿をご覧になったお客様に「さすがプロですね」や「依頼して良かった」と言っていただけることが何よりも嬉しいですし、やり甲斐になっています。先輩に教わったことで印象に残っていることは、引越し先の家に持って行くべき工具について教えていただいたことです。ただお荷物を入れるだけではなく、簡単なものでしたら取り付けをして差し上げることもあります。女性の単身引越しのお客様には特に喜んでいただけています。先輩社員の中には業界経験が豊富で、大手の引越し会社から転職されてきた方もいます。色々な経験をされているからこそ、良いところを学べますし私自身のスキルとして取り入れることができます。お荷物や建物に傷を付けないようにする養生や、それを止める養生テープについて貼り方1つをとっても丁寧にするのが人力引越社の良いところだと思います。今は、会社の方針や先輩に教わること1つ1つが新鮮で全て自分の身になっていて、日に日に成長できていると実感しています。皆さんモチベーションが高く、楽しく仕事をしようという意識が強いと思います。そういった雰囲気づくりから、先輩社員や会社の教育体制がしっかりしていると思います。失敗をしたとしても厳しく叱られることはなく、原因と対策を練って前向きな話をするので失敗を恐れなくなりますし、楽しい職場の雰囲気につながっていると思います。お客様に目の前で感謝のお言葉をかけていただける仕事は少ないと思います。引越し会社として当たり前のことをしているだけですが、仕事が終わった時に「ありがとう」と言っていただけるこの会社でたくさんの勉強をして、色々な人に恩返しをしたいです。

4tトラックの免許を取得して
より多くの現場で仕事がしたいです

現在の目標は、契約社員から正社員になることです。また、普通免許なので2tトラックにしか乗れず、自分が運転して行く現場には制限がついてしまいますので、4tトラックが乗れる中型免許を取ることです。会社の方からは仕事が一段落する時期に中型免許を取りに行くようにと言われていて、その費用についても負担をしていただけるので早く取りに行きたいと思っています。そうすることによって、現在は単身引越しのお客様をメインにしておりますが、ファミリーさんの引越しなど、より多くの現場に出ることができます。その先の目標もあり、班長として各現場の管理をする立場にもなりたいと思っています。大きなお荷物や、複雑な経路の搬出入が増えてくると思いますので、今ある仕事を丁寧に対応させていただいて、基本的なことを完璧にできるようになりたいです。班長のお仕事についても、現在の班長の仕事ぶりを今から意識して作業内容のシミュレーションをしています。毎朝その日の作業工程が記載されている配車表というのが配られるのですが、それを見てどこの現場が時間がかかりそうだなというのは判断できるようにしています。場所や建物の状況を考えると分かるようになってきて、早く現場が終わるところについてはそこにヘルプで向かった方が良さそうだなというように考えています。 東京センターは開設して間もないので、人数はまだ少ないのですがこれからたくさんの人に来ていただきたいと思っています。業界未経験の方でも、皆さん優しく教えてくれますし、荷物を運ぶのに体がつらいと思うのも慣れるまでの短期間だと思います。引越し業界は体育会系で厳しい方が多い業界だと思われがちですが、人力引越社はみなさん優しくおおらかな人が多いです。年齢も関係なく楽しく仕事ができる環境ですし、給料面でも稼げる仕事だと思いますのでご興味がある方は一緒に働きましょう。
インタビューをもっと見る
PageTopへ