人力引越社(キョウトプラス)アルバイト・社員求人情報M.Hさん

M.Hさん M.Hさん
若い女性スタッフだからと不安に思われるお客様に仕事ぶりを見ていただいて 満足していただけた時がうれしいです。

女性の単身引越しが多いので
私のようなスタッフがいると喜ばれます

友人と一緒に働こうと思い、高校1年生の時から人力引越社でアルバイトを始めて今は4年目になります。その友人は急遽来られなくなってしまって私だけになったのですが、居心地が良くてずっと働いています。18才になって車の免許は取得しましたが、トラックの運転はしていません。現場作業員としてお客様のお引越しのお手伝いをしています。私はまだ10代ですが、先輩も後輩も皆さん優しくて年齢は関係なく明るい雰囲気の職場だと思います。年齢の差を感じさせないほど明るい方が多くて毎日楽しく働いています。アルバイトを始めた当初は飲食店と掛け持ちで働いていましたが、今は人力引越社だけにして週6日シフトを入れています。
飲食店のアルバイトも良さはありましたが、色々な方とお話をしたい私には向いていなかったように思えたことと、引越しの仕事が楽し過ぎたというのもあります。力仕事で女性には向いていないと思われる引越し作業員の仕事ですが、お荷物を持つにはコツがあって力がなくても持てるものも多いんです。大型家具は1人では無理ですが、誰かと一緒に持ったり補助する専用の道具もあるので困ったことはありません。人力引越社のお客様は単身引越しのお客様が多いのですが、中でも女性のお客様が多いように思えます。私のような若い女性スタッフが現場作業員としてお伺いすると、ご安心いただけます。家の中に入るにも男性スタッフだけで入るより少しは安心していただけると思いますし、実際そういったお声をかけていただいたこともあります。 仕事仲間との会話も楽しいのですが、色々なお客様とお話ができるので私にあっている仕事だと思いますし、これからも長く続けていきたいと思っています。

明るい雰囲気の中で手際良く作業ができているようになりました

引越し作業員を始めた頃は、体を動かすことは好きだったのですが、あまり運動をしていない時期に始めたので、皆さんのペースに合わせるのが大変だったこともありました。先輩から色々教えていただきながら仕事をしていましたが、慣れていない分コツが分からず焦ってしまっていたことが原因だと思います。先輩からは「焦らなくても良いよ」って声をかけていただいていましたが、気持ちが焦ってしまって必要以上に疲れがたまっていたように思います。何度も同じミスを繰り返してしまうこともあって、先輩から怒られることもありましたが、それ以上に移動中のトラックの中では優しくて、楽しいお話が多かったので続けることができたと思いますし、早く一人前になろうという気持ちになれました。
先輩にいつも言われていて今でも心がけていることは、何が効率的か考えるということです。トラックの荷台の大きさは決まっているので、お荷物の種類や大きさでどの順番に運んだら良いかや、引越し資材をお部屋に持っていくタイミングを意識して考えられるようになりました。積み込みをするスタッフと梱包をするスタッフに分かれるのですが、タイミングや呼吸が合っていないと時間がかかってしまうので、まずは頭で考えてから動くようになりました。今では後輩の作業員も多くなったので、私が教えてもらったことを実践するようにしてもらっています。後輩へは指導と言ったらおこがましいですが、失敗やミスをしてしまった時には私の失敗談などを話して笑って「大丈夫だよ」って言ってあげています。誰でも失敗はありますが、それを引きずってしまったら作業にも影響してきます。 同じミスを繰り返してはいけませんが、作業中の雰囲気が悪くなる方が問題だと思いますのでそういった気配りはするようにしています。常に明るい雰囲気で作業をしていることと、手際の良さからお客様にも満足していただけて感謝のお言葉をかけてもらえると嬉しくて余計に作業スピードが上がったりもします。

ご依頼されているお客様以外にも
挨拶をするようにしています

お客様から信用してもらった時がこの仕事をしていて良かったと思える瞬間です。私は身長も大きい方ではないですし、年齢も若いので「お姉さん運ぶの?」と言われることがあります。見た目で不安に思われるお気持ちは分かりますが、「大丈夫です!」と言って手際良く重い荷物を運んでいると驚かれることが多々あります。お客様の感心されている表情を見るとテンションが上がってより一層仕事に力が入ります。作業面だけではなく、若いからと言って言葉遣いや態度が適当になってしまってはいけないと思っています。お客様の信頼を得て、大切なお荷物をお預かりするわけですから、人力引越社に依頼して良かったとか、このスタッフで良かったと思っていただけるように心がけています。できなかったことが徐々にできるようになっていくことがやり甲斐になっています。それがこの仕事の楽しいところだと思っています。
作業中に楽しいことは他にもあって、ご依頼されているお客様のご近所の方とすれ違った時も挨拶をするようにしているのですが、「元気良いね」と言っていただけるのが嬉しいです。人力引越社のユニフォームを着ている以上、常にどこでも明るく元気に仕事をしたいと思っていますし、それができる仲間と会社の雰囲気に感謝しています。女性作業員だからとかには関係なく、重いお荷物やエレベーターがないような厳しい現場でも気持ち一つで乗り切れます。趣味やブランド物が欲しいという若い女性も多いと思いますが、楽しく働けて稼げる人力引越社は最適だと私は思います。
インタビューをもっと見る
PageTopへ