人力引越社(キョウトプラス)アルバイト・社員求人情報H.Rさん

H.Rさん H.Rさん
接客と人と話すことが好きだったので 電話営業の仕事を選びました

率先して分かりやすく
教えられるようにしていきたいです。

大学卒業後、人力引越社に来る前は飲食店で働いていました。
当時はホールスタッフとキッチンスタッフの両方をやっていましたが、忙しすぎる職場で働くことに限界を感じていたところに、人力引越社の求人広告を見かけて応募しました。転職を考えていた際、営業職を探していたわけではなく接客業を探していたのですが、面接をして頂いた方に、「顔を見なくても接客はできるよ」と言って頂いたのが大きな決め手だったのを覚えています。
それに加え、元々人と話すことが好きでしたし、電話営業ということだったので体を動かすことがないことも決め手の1つでした。お客様との対面営業ではないですが、人力引越社でも人と接する仕事に就けて充実しています。

個人的な営業ノルマがあるわけではないので、
気持ちの面の負担もありません

接客は好きでしたが、営業経験がない私に結果が出せるか不安でした。電話営業の研修用スクリプトがあるので、それにそって勉強していましたが、それでも不安が大きかったです。そんな時、先輩たちから声をかけていただいたり、実際に営業トークをされているところを真似して勉強させてもらいました。その甲斐もあって、引越しされるお客様のお荷物の内容や建物の状況を伺ってから、当社の強みやサービス内容をお客様にご納得いただくまで説明することができるようになりました。営業目標は個人であるわけではなく、営業部全体で何件受注しようという目標があります。
お客様が引越し比較サイトにご登録するとメールが飛んでくるようになっていて、それを確認してメールや電話の営業をしていきます。営業部全体でそれを共有しながら「目標まであと何件だから頑張ろうね!」って声をかけあって明るい雰囲気の中で仕事ができていると思います。全体の目標とは別に、個人で受注できた件数や売上が分かるようになっていて、最近では女性営業15名ぐらいの中で、営業成績1位を取れました。先輩や上司の方から分かりやすく、優しく教えていただけたからだと思っております。

お子さんがいる方も多く
シフトの融通も利きますので働きやすい環境です

営業目標は個人ではなく営業部全体で目指している目標なので、誰かが受注できていなくてもその人を責めるといったことはありません。むしろ、励まし合って頑張っています。
女性の営業部員が多いのでぎくしゃくするような印象を持たれるかもしれませんが、受注件数が多い人に対してはみんなで褒めあいますし、その逆もみんなでフォローしています。電話営業なので仕事中に営業部員同士が会話をすることは多くありませんが、仕事外でお話も沢山できますし本当に仲が良いです。20代〜50代の方まで幅広く在籍していますが、年齢を感じさせないほど仲が良いです。
その中にはシングルマザーの方も何名か在籍していて、シフトや時間の融通も利くのでそういった方にも働きやすい環境だと思います。シングルマザーの方は、土日祝日が保育園もお休みなので、その日はお休みをしなくてはいけないことが多くなります。そんな時は、独身やアルバイトの方がしっかりサポートとしてシフトに入りますので、安心してお休みを取れる職場環境になっていると思います。土日祝日に出勤した人も、2週間ごとにシフトを自己申告で提出しますので、先の予定が立てやすいですし、急な予定についても変更届を提出することによってある程度変更が可能なので、そちらに対しても配慮をしていただいていると思います。
これから入社される方には、私が教えてもらったように丁寧に教えていけたらと思っています。社員数が増えてくれば管理職の方々の負担も増えると思いますが、率先して教育面でサポートをしていきたいと思っています。例えば、ビジネス用語が使えなかった私でも営業成績1位を取れたように、まずは言葉遣いからでも私ができることだったら教えていきたいと思います。
インタビューをもっと見る
PageTopへ