人力引越社(キョウトプラス)アルバイト・社員求人情報H.Yさん

H.Yさん H.Yさん
会社が成長していくごとに人材を増やし、 今と変わらず女性が働きやすく、
より良い職場環境にしていきたい。

女性が多く、働きやすい環境

最初は事務のアルバイトとして入社をしました。
私が入社した当時は社員数も少なく、女性スタッフは私だけでした。社員登用のお話や電話営業への異動のお話は、上司の方から色々とご提案していただいて、今の私があると思っています。電話営業の部署への異動は、「興味があるならやってみないか」と言っていただいたことがきっかけでした。最初からできたわけではなかったですし緊張もしましたが、上司の方に親切に分かりやすく教えていただけたことで徐々に慣れていきました。分からないことはそのままにせず、理解できるまで教えていただけたので成長することができました。
段々と要領をつかめるようになり受注することができるようになった頃には、達成感もあって「営業の方が向いているかもしれない」と感じていましたし、上司の方々も「電話営業は女性の方が向いているかもしれない」と考えが変わっていったように思います。現在、電話営業のスタッフがほとんど女性なのは、私がきっかけだったのかもしれません。
その後、電話営業の部署では女性スタッフの採用が進み、女性が働きやすい環境を整えていきました。私に子供がいたこともあって、同じような境遇にいる方や女性が長期間働くにはどうしたら良いかを率先して考えていました。とくに小さいお子さんをお持ちの方でしたらお分かりになるかと思いますが、ただでさえ手がかかるのに、熱を出したり突発的なことも多いです。
勤務時間にばらつきを持たせ、急なお休みなども他のみんなでカバーすることによって今のような女性も働きやすい環境が整ってきたと思います。まだ改善する点はあると思っていますので、皆さんとコミュニケーションを取ってより良くしていきたいと思っています。

自分が1番を目指すよりも、営業成績1番になれる社員を育てたい

5年が経過した頃に現在の役職でもある営業部の課長に昇進しました。入社後しばらくして正社員になれたことだけで感謝していましたが、営業成績も上がり、副主任、主任、係長と昇進を続け、現在の課長にまでなることができました。社員の数が少なく、私が営業で仕事を取れなければ仕事がないような時には必死に電話営業をしていました。その後徐々に人数も増えていき、人に教えながらも営業の結果を残さなければいけないといった苦労をした時期もありました。
上司の方に人材育成方法も教えていただきながら、自分自身が少しずつステップアップできていたように思えます。係長に昇進した頃、「自分がトップで営業するのではなく、チーム全体で成績を残すように努力しなくてはいけない」と上司に言われ、仕事に対する姿勢を変えていったのを覚えています。
私の性格上、営業成績は常に1番が良かったのですが、会社全体を良くする為にはそれではいけないと気付かされました。私1人が結果を残しても限界がありますし、会社全体の売上は伸びません。営業成績1番を狙える人材が増えるほど会社全体が活性化されていくと思います。会社が大きくなるにつれ、部下を育てなくてはいけないですし、新たに入っていただける人材を増やさなくてはいけないというように意識が変わっていきました。上司から学ぶことや、部下がいるからこそ今の自分がいるのだと思えています。

多くの人に人力引越社を知っていただきたいです

現在、電話営業をしている部署で働いている女性は25人いますが、シングルマザーの方も数名いらっしゃいます。人生の目標や、お子様を1人で育てなくてはいけないというような使命感が強い方が多くいるので活気があると思います。20代から50代までの方が在籍していて年齢も幅広いですが、仕事の相談ばかりではなくプライベートの相談もできるような関係性が嬉しく思います。人数が少ない頃から知っている私からすると、この人数を見ていると会社が大きくなったと実感できる瞬間でもあります。更に人数を増やしていき、会社が飛躍していくことが何よりも嬉しいですし、それが私の目標にもなっています。
やることが増えるのは大変なことですが、休日に息抜きもしっかりとできているので子供の成長と同様に会社の成長を私の生きがいとしてこれからも頑張っていきたいです。そして、より多くの人に人力引越社を知っていただき、良質なサービスをご提供し続けていきたいと思います。
インタビューをもっと見る
PageTopへ